HR

社会調査法Landscalaの表現と自己対話と分担

投稿日:

・外需経済を捉えて参加していく

図は、弊社の社会調査法Landscalaの代表的なグラフでセルフイメージを表現しています。縦軸にマインド、横軸にヴィジョンが現れ、スピリチュアルとは、それらの断面であり広告に活用されています。軸の名前は、上がΔ(デルタ)、下が♮(ナチュラル)、左が♯(シャープ)、右が♭(フラット)です。それぞれ、木火土金水の五色に区分けしております。Δと♮は、物量の面を表しており収入と支出です。♯と♭は、売る意欲、作る意欲をそれぞれ表し、外向性と内向性、外需経済と内需経済、編集者と執筆者、蜘蛛の巣社会とピラミット社会を表しております。

複雑に絡み合った現実を解きほぐして理解することができます。それにより、ご自身の思考の整理やセルフイメージが向上し、協力者や協働者を見出していくことができます。ご自身の♯と♭の両側面にて自己対話をすれば、ヴィジョンの面で際限なく変革を繰り返すことができます。ただし、現実化する際の行動のマインドの面では、Δ♯♮とΔ♭♮の二面に展開し二名以上の分担にて為すことが望ましいです。

http://ecnaly.co.jp/mp3/up/peso0820723.pdf

-HR

Copyright© 経済総合分析 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.